両側性(バイラテラル)トレーニング VS 一側性(ユニラテラル)トレーニング

Pocket

こんにちは!株式会社肉体改造研究所 代表の竹田大介です。

トレーニングには両腕・両脚を同時に動かす両側性(バイラテラル)トレーニングと、片腕・片脚づつ動かす一側性(ユニラテラル)トレーニングがあります。例えば、両脚を揃えて行うバックスクワットやフロントスクワットは両側性トレーニング、脚を前後に開脚して片脚づつ鍛えるスプリットスクワットやランジスクワット、ブルガリアンスクワット等は一側性トレーニングになります。

本日は、「両脚が発揮する力と右脚・左脚がそれぞれ発揮する力の和ではどちらが大きいのか?それは動作速度に依存するのか?」という疑問を解決するために過去に学術論文をレビューした記事をご紹介致します。

一側性および両側性による動的脚伸展動作からみたBilateral deficit(山内,高橋.2011)

研究の背景
両脚を同時に発揮した際の筋力(両側性)は、左右脚を個々に発揮する筋力の和(一側性)と比較して低くなることが報告されている(bilateral deficit=両側性機能低下:BLD)が、一側性動作を遂行するスポーツ競技者を対象にBLDの動作速度依存性を検証した事例はない。スポーツ競技者の一側性動作による筋発揮特性を検証することによって、スポーツトレーニングに繋がる有益な情報が得られる可能性が期待できる。

対象者
男子体育専攻学生46名(平均年齢20.7±2.0歳、平均身長172.1±5.4cm、平均体重66.6±6.9kg)
※週5日以上の学生競技スポーツ(陸上競技、サッカー、アメリカンフットボール、ソフトボール)を行っている者

測定機器
油圧式等速性レッグプレスマシン(LEGPOWER、竹井機器)

測定手順
レッグプレスマシンのシートに座り、両腕を胸の前で組んだ姿勢で、最大随意収縮(MVC)による動的脚伸展動作を行った。動作開始は膝関節屈曲位90度、動作終了を膝関節最大伸展位までとした。試技は、両脚同時伸展、左脚伸展、右脚伸展の動作で2回、設定速度0.2m/s、1.0m/sの2速度で行った。

結果
左脚・右脚のパワー 両速度において左右差は示されず
0.2m/s 左脚 3.9±0.6w/kg 右脚4.0±0.5w/kg
1.0m/s 左脚 12.5±1.7w/kg 右脚12.6±1.6w/kg

両側性パワーと一側性パワー 両速度において一側性よりも両側性で有意に低い(P<0.001)
両側性パワー 0.2m/s 7.2±1.2w/kg 一側性パワー 0.2m/s 7.9±1.1w/kg
両側性パワー 1.0m/s 20.3±4.1w/kg 一側性パワー 1.0m/s 25.1±3.2w/kg

BLD 高速動作中のBLDが有意に高い(P<0.001)
0.2m/sBLD 8.9±7.7%
1.0m/sBLD 19.5±9.4%

まとめ
異なる2速度(0.2m/s,1.0m/s)によって両側性・一側性の動的脚伸展動作を行い、脚伸展パワーからBLDを求めた。いずれの動的脚伸展動作においても、両側性伸展パワーが一側性伸展パワーよりも顕著に低い値を示しBLDが確認された。さらに動的脚伸展動作のBLDは、動作速度の増加に伴い高い値を示し、動的脚伸展動作中のBLDが動作速度に依存することが確認された。

トレーニングへの応用
この研究では、被験者に一側性競技選手のみを用いているため、両側性競技選手でも同様の結果が出るとは言い切れませんが、一側性競技を行うアスリートでは両側性脚伸展パワーより一側性脚伸展パワーの方が有意に高いことが明らかになっています。さらにこの研究で、両側性機能低下は動作速度に依存することが分かりました。このことから、一側性競技選手のトレーニングでは一側性脚伸展動作種目で両側性脚伸展動作より高い負荷がかけられ、より強度の高いトレーニングが実施でき、それは動作速度が速いほどその傾向が高まると考えられます。
両脚での基本種目にプラスして片脚でのスクワット種目等をトレーニングに取り入れることで、両脚スクワットのみを行う場合より高強度のトレーニングを実施でき、競技に必要な一側性脚伸展パワーを高められるでしょう!

 

参考文献

山内亮,高橋流星:一側性および両側性による動的脚伸展動作からみたBilateral deficit.日本体育大学紀要:40(2):89-92,2011

 

 

 

パーソナルトレーニング/個別栄養指導/法人向け健康経営コンサルティング

株式会社肉体改造研究所

 

 

主な事業内容

・法人様向け 健康経営コンサルティング

・個人様向け パーソナルトレーニング個別栄養指導

営業時間 月~土曜日 10:00~22:00 祝日  10:00~20:00
お電話
メール
友だち追加数

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA