某サイト様よりパーソナルトレーニングジムの掲載順位付けを依頼されたのですが・・・。

Pocket

こんにちは!株式会社肉体改造研究所 代表の竹田大介です。

美容・健康・ボディメイクに関する情報を配信する某サイト様より、新たにパーソナルトレーニングジムを紹介するコンテンツを作るにあたり、「プロの目線で掲載順位の監修とおススメポイントを記入して欲しい」というご依頼を頂きました。

パーソナルトレーニングジムが急増し、ユーザーがどのジムを選べばいいか迷ってしまうというお悩みを解決するためのコンテンツとのことで、ユーザー様のためになるのであればと思い一旦はお引き受けしたのですが・・・。

多くのジムが無資格者をトレーナーとして掲載していたり、トレーナーのプロフィールが掲載されていなかったりという状況に愕然としております。

トレーニング指導者資格を保有する意味

現状、トレーニング指導者が対象者にトレーニングを指導するのに、資格がないと指導できない ということはありません。

その点に関して法的な決まりがないため、例えば専門知識がないただの筋トレ好きの人でも「自分はトレーナーだ!」と名乗り、クライアントがつけば実際にトレーニング指導が出来てしまいます。

しかし、人様の身体に負荷をかけて鍛えていくという職業柄、身体や運動に関する基礎知識がない人がトレーニング指導を行うことは、まず安全性の問題でおススメできません。

効果を考えても、自分のトレーニング経験だけで他人を指導することは、自分と他人では筋力も体格も身体能力もトレーニングの目的も違う状況で、自分がやってきたトレーニングを押し付けても、効率的に目的を達成できる可能性は低いでしょう。

トレーニング指導者資格を保有するということは、人体や運動や栄養に関する基礎的な知識を有し、パーソナルトレーナーとして活動するにあたり最低限必要な知識レベルを習得していることを専門機関に認められるということです。

資格を取らず独学で勉強して知識を習得するという選択肢もあるかも知れませんが、独学だとどうしても自分が好きな分野等に知識が偏ることもあるでしょう。不得意な分野を独学で習得するのはかなり難易度が高いと思います。

資格取得を目標にテキストに沿って勉強することで、パーソナルトレーナーに必要な分野を幅広く学ぶことが出来ます。資格試験では分野ごとに取得しなければならない最低点も設けられていますので、合格するには自分が好きな分野だけではなく、幅広い分野の知識を総合的に身に付けなければなりません。

このような理由で、パーソナルトレーナーは法的な縛りがなくてもトレーニング指導者資格を保有すべきだと考えます。

これからパーソナルトレーニングを受けたい!という方は、

  • ジムのホームページ等にトレーナー全員のプロフィールが載っている
  • トレーナー全員がトレーニング指導者資格を保有している

ということをジム選びの基準に入れて頂ければと思います。

しかし、資格にもいろんなものがあり、一般の方には資格名称でどんな資格なのかを判断することは難しいと思います。

パーソナルトレーナーに最低限持っていて欲しい資格は、アイテムの使い方の資格などではなく、パーソナルトレーナーとして活動するための基礎知識を習得でき、保持するために継続的に教育を受ける必要がある資格です。

国内で普及している資格としては、下記があります。

全米ストレングス&コンディショニング協会(NSCA)

資格

  • CSCS
    • スポーツパフォーマンス向上を目的とした、アスリートやチーム向けの資格!

      (NSCAジャパンHPより参照)

  • NSCA-CPT
    • 健康と体力のあらゆるニーズに応える、パーソナルトレーナーの資格!

      (NSCAジャパンHPより参照)

健康・体力づくり事業財団

  • 健康運動指導士
    • 個々人の心身の状態に応じた、安全で効果的な運動を実施するための運動プログラムの作成及び指導を行う者

      (健康・体力づくり事業財団HPより参照)

日本トレーニング指導者協会(JATI)

  • JATI-ATI(上位資格にJATI-AATI、JATI-SATIも有り)
    • 対象や目的に応じて、科学的根拠に基づく適切な運動プログラムを作成・指導するために必要な知識を習得したと認められた方に授与されます。スポーツ選手や一般人を対象としたトレーニング指導の専門家として活動するための基礎資格として位置づけられます。

      (日本トレーニング指導者協会HPより参照)

 

全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会(NESTA)

  • NESTA-PFT
    • 健康・フィットネス・ウェルネスのプロとしての総合的な知識・技術の習得を証明!!国際的に高い信頼を得ているNESTAのトレーナー規格です。

      (NESTA JAPAN HPより参照)

残念なことに、以前、私が所属するNSCAジャパンのFacebookページで下記の情報が配信されていました。

これは経歴詐称!こんなことをされてはパーソナルトレーニングを受けたいと思う方が何を信じてジムやトレーナーを選べばいいのか分からなくなってしまいます。

この事例はごく稀なことだと信じたいですが、全国のパーソナルトレーニングジムには、ぜひ所属トレーナーにトレーニング指導者資格所持を必須条件とする流れになって欲しいものです。

 

 

 

パーソナルトレニング/個別栄養指導/法人向け健康経営サポート

株式会社肉体改造研究所

 

 

主な事業内容

・法人様向け 健康経営サポート

・個人様向け パーソナルトレーニング個別栄養指導

営業時間 月~土曜日 10:00~22:00 祝日  10:00~20:00
お電話
メール
友だち追加数

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA