エクササイズ中の呼吸/クリスタルイズム2022年5月20日放送   ゼットマン

Pocket


こんにちは!株式会社肉体改造研究所 代表の、ゼットマンこと竹田大介です。

レギュラー出演中のラジオ番組「クリスタルイズム(レインボータウンFM)」5月20日(金)放送時の動画を公開致します!

今回の話題は「エクササイズ中の呼吸

動画の内容

基本的には、エクササイズで主に使われる筋肉が収縮しながら力を発揮するときに息を吐きます。

スクワットをモデルに説明すると、スクワットは立った状態からしゃがんでまた立ち上がる動作ですが、スクワットは股関節・膝関節・足関節と複数の関節を動かすため、使われる筋肉も多くなりますので、お尻の筋肉にフォーカスを当てて説明します。

お尻の筋肉(大臀筋)は、股関節を伸ばすとき(スクワットでは立ち上がるとき)に使われます。お尻の筋肉が収縮して太腿の骨を引っ張り回転することで股関節が伸びます。では、しゃがむとき(股関節が曲がるとき)はどのように使われているかというと、重力に逆らい動作スピードを制御する役割を持ち、引き伸ばされながら力を発揮しています。

しゃがんだあと立ち上がるときがスクワットで最もキツイ部分ですが、ここで息を吐きます。

息を吐くと腹圧が上がり筋力発揮がしやすくなりますので、分かりやすく言えば一番キツイところで吐くということになります。

腕立て伏せでは、床に手をついて肩が伸びているところから床に伏せていくとき、胸の筋肉は引き伸ばされながら力を発揮して動作スピードを制御し、床を押して身体を持ち上げるときに収縮しており、ここで息を吐きながら身体を持ち上げます。

心肺機能や呼吸器に疾患がなく血圧も正常な方であれば、動作で一番キツイ局面で息をこらえる「バルサルバ法」を用いると、腹圧がより高まり筋力発揮がしやすく、バックスクワットなど脊柱に負荷がかかるエクササイズでは脊柱を安定させることが出来て有効ですが、心肺機能や呼吸器に疾患がある方や血圧が高い方はバルサルバ法は用いず、息を止めずにエクササイズを行ってください。

 

 

 

パーソナルトレーニング/個別栄養指導/法人向け健康経営サポート

株式会社肉体改造研究所

 

 

主な事業内容

・法人様向け 健康経営サポート

・個人様向け パーソナルトレーニング個別栄養指導

営業時間 月~土曜日 10:00~22:00 祝日  10:00~20:00
お電話
メール
友だち追加数

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA