ニクケンカレンダー8月のテーマ「夏ばて解消」

Pocket

こんにちは!株式会社肉体改造研究所 代表の竹田大介です。

8月ももう終わりに差し掛かっていますが、みなさん夏バテになってませんか?

弊社のお客様に配らせて頂いておりますカレンダーには、毎月健康に関するテーマがあり、そのために摂取したい栄養素とおすすめ食材、レシピなどの情報が載っております。

8月のテーマは「夏ばて解消」!

 

夏ばて解消!ムチン

ムチンは糖質と結びついた複合たんぱく質で、オクラやなめこなどのぬめり成分です。

胃壁を保護し、消化吸収を助けてくれます。

また、唾液腺ホルモンの分泌を促進し食欲を増進させるので、食欲のないときには、ムチンの多い食品をとるとよいでしょう。

暑い日が続くと体力が失われ、疲れや食欲不振を招いて夏ばてになりやすくなります。

弱った胃腸をいたわりながら、早めに体力を回復させましょう。

おすすめ食材

オクラ

食物繊維はごぼうやさつまいもより多く、ネバネバのムチンもたっぷり含んでいまる。

モロヘイヤ

ビタミンや食物繊維などが豊富で、美と健康にぴったりの野菜。

クレオパトラも食べていたとか。

里芋

むくみを改善するカリウムと、便秘に効果がある食物繊維が多く、肝臓や腎臓を守る働きも。

山芋

長芋、じねんじょなど種類が豊富。

消化酵素のアミラーゼやカタラーゼが消化吸収を助ける。

元気が出るとっておきレシピ

里芋と青菜炒め   1人分77kcal

もりもり食べても胃に優しいおかずで夏ばて予防

■材料(4人分)

里芋・・・3~4個(大きめ)

小松菜・・・1束

にんにく(みじん)・・・1片

サラダ油・・・大さじ1

<チキンスープ>

チキンスープの素(顆粒)・・・小さじ1/2

水・・・50ml

塩・・・ひとつまみ

ごま油・・・少々

  1. 小松菜は根を落として、茎の部分は3cm長さ、茎の部分はざく切りにする。
  2. 里芋は皮をむいて、米のとぎ汁で10分程下ゆでしてから乱切りにする。フライパンにサラダ油を熱し、にんにくを加え香りが立ったら里芋、小松菜の茎、<チキンスープ>を加えて炒める。
  3. 里芋が軟らかくなったところで小松菜の葉を入れ、塩で味を調え、ごま油を回しかける。

食べ合わせで効果アップ!

ネバネバ梅たまねぎ   1人分42kcal

ネバネバ+有機酸で疲労回復力アップ

■材料(4人分)

モロヘイヤ・・・1束

たまねぎ・・・1/8個(薄切り・水にさらす)

<梅ドレッシング>

梅肉・・・1個(13gくらい)

オリーブ油・・・大さじ1

酢・・・大さじ1

水・・・大さじ1

  1. モロヘイヤは葉と茎に分け、熱湯に茎から入れ30秒たったところで葉を入れて、さらに30秒ゆでる。冷水にとり水けを手で絞り、葉の部分はざく切りにして、茎は細かく刻む。
  2. ボウルに<梅ドレッシング>の材料を混ぜ合わせ、たまねぎ、1.を加えてよくあえる。

健康や身体作りのために、栄養のプロに食事を管理して欲しい!という方は、弊社管理栄養士による個別栄養指導サービスをご利用ください!(^^)!

 

 

 

パーソナルトレニング/個別栄養指導/法人向け健康経営サポート

株式会社肉体改造研究所

 

 

主な事業内容

・法人様向け 健康経営サポート

・個人様向け パーソナルトレーニング個別栄養指導

営業時間 月~土曜日 10:00~22:00 祝日  10:00~20:00
お電話
メール
友だち追加数

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA