太りにくく痩せやすい身体を手に入れるには?

Pocket

こんにちは!株式会社肉体改造研究所 代表の竹田大介です。

今日は、先日投稿した「人間は、なぜ太るのか?肥満のメカニズム」の続編を投稿致します。

太りにくく痩せやすい身体を手に入れるには?

痩せやすい体

上記記事の最後に「健康的なダイエットを成功させるには、基礎代謝を上げることで日々の消費エネルギーを増やし食事の量とともに食事のバランスを見直し代謝のよくなる食べ方を身に付ける必要があります。」と書きましたが、今日はその「基礎代謝を上げる」について書いてみたいと思います。

日々の消費エネルギーが増えればカロリー収支をマイナスに持っていきやすくなるためダイエットにはよさそうですが、人間は1日のどんな活動でエネルギーを消費しているのでしょうか?

下記にその答えをグラフで表してみました。

1日に消費されるエネルギーの内訳

消費エネルギーは「基礎代謝」「生活活動代謝」「食事誘発性熱産生」に分かれます。

最も多くエネルギーを消費するのが「基礎代謝」で、1日の消費エネルギーの60%~70%を占めています。基礎代謝はなにもしなくても呼吸や心臓の動き、体温維持などの生命活動に使われるエネルギーです。

次に多くエネルギーを消費するのは「生活活動代謝」で、1日の消費エネルギーの20~30%を占めています。生活活動代謝は日常の生活活動や運動で消費するエネルギーです。

「食事誘発性熱産生」は1日の消費エネルギーの10%程度で、食事によって体内に吸収された栄養素が分解され、その一部が体熱となって消費されるエネルギーです。

上記の内訳から、最もエネルギー消費量の多い「基礎代謝」を上げることがダイエットには効率的なことが分かりますね!

では、次回はその「基礎代謝」は体のどの部分がたくさんエネルギーを消費しているのかを詳しく見ていきたいと思います

※参考資料:「肥満予防健康管理士講座 テキスト1.肥満とは」日本肥満予防健康協会

《健康的なダイエット方法シリーズ》

  1. 人間は、なぜ太るのか?肥満のメカニズム
  2. 太りにくく痩せやすい身体を手に入れるには?
  3. 基礎代謝を上げるには?
  4. 自宅でできる!痩せ体質を作るための筋肉トレーニング
  5. 筋肉をつけるための食事!タンパク質について
  6. タンパク質は一日にどのくらい摂ればいいか?
  7. トレーニング効果を最大限に引き出すためのタンパク質摂取のタイミング
  8. 健康的に美しく痩せるための脂質の摂り方
  9. 太らない糖質の摂り方!

 

 

 

健康経営コンサルティング

株式会社肉体改造研究所

 

主な事業内容

・法人様向け 健康経営コンサルティング

・個人様向け パーソナルトレーニング個別栄養指導

営業時間 月~土曜日 10:00~22:00 祝日  10:00~20:00
お電話
メール
友だち追加数

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA