健康的に美しく痩せるための脂質の摂り方

Pocket

こんにちは!株式会社肉体改造研究所 代表の竹田大介です。
今日は、先日投稿した「トレーニング効果を最大限に引き出すためのタンパク質摂取のタイミング」の続編を投稿致します。

健康的に美しく痩せるための脂質の摂り方

ダイエットではカロリー収支をマイナスにする必要があり、そのためには運動で消費カロリーを増やし、食事を見直すことで摂取カロリーを減らす必要があります。

三大栄養素のうちの糖質と脂質は生命維持や活動のためのエネルギー源となりますが、必要以上に摂りすぎれば当然太るため、ダイエットにはこの糖質と脂質を制限することも重要です。

しかし、どちらとも健康的に生きていくために必要な栄養素なので、制限のしすぎも問題です。

では、今回のテーマ「脂質」は、どのような役割を担っているのでしょうか?

脂質の役割

・エネルギー源

・生体膜(細胞膜・皮脂幕等)の材料

・ホルモンの材料

・体温保持

・血圧、体温、筋肉の働きをコントロール

・脂溶性ビタミン(ビタミンA、D、E、K)の吸収を助ける

このような重要な役割を担っています。

とくに、若く美しくダイエットをしたい女性の方にとって、生体膜やホルモンの材料となる脂質は必要量を確保したい栄養素ですね!(^^)!

摂りすぎたら太るけど足りないと老ける脂質、なかなか摂り方が難しいです(T_T)

そこで、摂りたい脂質と摂りたくない脂質の例を下記に挙げてみました!

積極的に摂取したい脂質

・青魚(イワシ・アジ・サンマ等)青魚・クルミ

クルミ・アーモンド

アーモンド・アボガド

アボガド・アサイー

アサイー・胡麻油

胡麻油・えごま油

えごま油・亜麻仁油

亜麻仁油・オリーブオイル

オリーブオイル

できるだけ摂取したくない脂質

・トランス脂肪酸(マーガリン・ショートニング等に含まれる)

※「狂った脂肪」の異名を持つ。細胞膜の形成を阻害することで、免疫異常をきたしやすく、また活性酸素が大量に発生することが分かっている。

トランス脂肪酸を含む食品・市販のサラダ油

サラダ油・古い油

古い油

※上記の油は活性酸素を発生させ、細胞膜を硬く(栄養素の受け渡しができにくくなる)するため、できるだけ摂りたくありません。

上記を参考に、摂取する脂質を上手に選び、若く・美しくシェイプするアンチエイジングダイエットにお役立てくださいニコニコ

《健康的なダイエット方法シリーズ》

  1. 人間は、なぜ太るのか?肥満のメカニズム
  2. 太りにくく痩せやすい身体を手に入れるには?
  3. 基礎代謝を上げるには?
  4. 自宅でできる!痩せ体質を作るための筋肉トレーニング
  5. 筋肉をつけるための食事!タンパク質について
  6. タンパク質は一日にどのくらい摂ればいいか?
  7. トレーニング効果を最大限に引き出すためのタンパク質摂取のタイミング
  8. 健康的に美しく痩せるための脂質の摂り方
  9. 太らない糖質の摂り方!

 

 

 

パーソナルトレーニング/個別栄養指導/法人向け健康経営コンサルティング

株式会社肉体改造研究所

 

 

主な事業内容

・法人様向け 健康経営コンサルティング

・個人様向け パーソナルトレーニング個別栄養指導

営業時間 月~土曜日 10:00~22:00 祝日  10:00~20:00
お電話
メール
友だち追加数

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA